警察に相談したら

  • けがの手当てを優先

警察に相談したらどうなるのだろうと不安に思うかもしれません。
警察では、被害に遭われた方の安全の確保や病院の受診、けがの手当てなどを優先します。また、警察に「相談すること」や「申し出ること」と、「被害届を作成すること」や「処罰を求める意思表示をすること」とは同じではありません。

  • 対応する警察官

警察に相談しようとする場合、お話を聞く警察官の性別等の要望があれば、できる限りご希望に添うように配慮します。

  • 連絡先

危険な時、警察を呼ぶ時は110番しましょう。
迷っていたり、相談して考えたいという場合には、

※北海道警察本部及び各方面本部につながります。
※男性警察官が出る場合もありますが、女性警察官をご希望の場合は、連絡先を伝えると女性警察官から連絡を受けることができます。ただし、連絡までに時間がかかる場合があります。

ここまで読んできたあなたに、もう一つ( 証拠について)


時間の経過とともに証拠はなくなっていきます。
「『被害届』等についてはまだ決められないけれど、今後『捜査してほしい』等と思う時が来た時のために、まず被害に遭った証拠は残しておきたい。」という場合、効果的に証拠を残すためには相談をおすすめします。